アースディスカバリー株式会社様のロゴマークを制作させていただきました。

アースディスカバリー株式会社ロゴマーク

ロゴマーク制作にあたり

「世界をつなぐ、未来を想う」をモットー日本の食品や建築資材を海外へ輸出をしておられる会社です。

  • つなぐイメージとして‟円型”
  • 日本風なデザインで‟折り紙風”
  • 家紋をモチーフに。
  • 商品をつなぐ:(輸出)日本の商品 (輸入)世界の商品。
  • 思いをつなぐ:世界に広げたい(販売したい)という思い。
  • どうやってつなぐ:弊社が仲介役となり、アポイントから交渉、納品まで一貫して弊社が行うことで、世界へ広げていく。

といった事を踏まえてデザインされたのが今回のロゴマークになります。

ロゴマークの解説

日本らしさを象徴する「家紋」をデザインモチーフとし、縁起の良い「藤輪」に、船のモチーフを組み合わせました。 藤は見た目の優雅さだけではなく、生命力の強い植物であることから、縁起が良く長く愛され続けています。 船のシンプルなモチーフに合わせ、よりすっきりと記号化された家紋「片藤輪」を使用しています。

船のモチーフは、社名「Earth Discovery」の単語の頭文字「E」と「D」を組み合わせたものです。折り紙で折り上げた造形をイメージしています。貿易船や、失敗を恐れず世界に漕ぎ出す冒険を想像させます。 海に囲まれた日本では、かつて外国に行くには船が不可欠であったことから、「船出」は転じて「新しいことを始める」ことも意味します。

メインカラーの呂色(ろいろ)とは、黒漆の濡れたような深く美しい黒色のことです。 漆工芸の高度な塗りの技法のひとつである呂色塗からきた色名で、日本の伝統色です。 欧米では、漆のことを古い用法で「Japan」と呼ぶこともある程、日本を象徴するものになっています。

「Discovery」の「o」の文字を日の丸にして、日本らしさが一目で伝わるよう、シンプルに表しました。 紅色は、日本国旗の日の丸に採用されている伝統色です