ワクグミのブログ

blog

title

Carbon Copy Cloner 5をつかってMacを簡単バックアップ

2019年01月15日
タムショー


みなさんパソコンのバックアップはどうしているでしょうか?
普段は気にならないかもしれませんが、準備があるといざというときに安心ですね。

個人的な話しですが年末に、突然Macが不調になりまして、ひやひやしました^^;
が、バックアップがあったのでそこから復旧できたので一安心^^

MacであればTime Machineが有名ですが、もう少し細かく設定したい場合もあると思います。
今回は「Carbon Copy Cloner 」というアプリと普段使用しているバックアップの構成をご紹介したいと思います。
https://bombich.com/ja

では早速見ていきたいと思います、バックアップ構成はこんな感じ。

保存媒体
・Time Capsule(2TB) x1
・外付けHDD(2TB)x2

アプリ
・Time Machine
・Carbon Copy Cloner

スケジュール
・1時間1回
・1日1回
・1ヶ月1回

といった感じです。
では、スケジュールを軸に細かく見ていきましょう。

1時間1回

これはTime Machineを使用してバックアップ
Macユーザーはおなじみのバックアップツールですね。
AirMac Time Capsule がまだ健在ですのでそのまま使用しています。
標準で1時間に1回バックアップを取ってくれますので特に気にすることもなく使用しています。

結局はTime Machineから復旧が一番多いなあと感じています。
バックアップアプリのの記事を書いていますが最近のMacであれば内部ストレージにローカルスナップショットを取ってくれますのでTime Machineとスナップショットだけで十分なのかもしれません。



1日1回

Carbon Copy Cloner を使用してバックアップ
設定しているタスクはこちらで毎日夜に1回丸ごとバックアップしています。



1ヶ月1回

こちらもCarbon Copy Cloner を使用してバックアップ
設定しているタスクはこちらで毎月月末に1回丸ごとバックアップしています。



そして、保存用のHDDは2つ用意していて「毎日用」と「毎月用」に分けて保存しています。
持ち運び用の外部ストレージもあるのでそちらも本体と同様にバックアップしている感じですね。



Carbon Copy ClonerはHDDをまるごとバックアップや、部分的にバックアップすることも可能です。
決まった時間に開始したり、終わったらメールを送ることや、ローカルスナップショットの管理も設定可能です。
スナップショットを管理出来るのは嬉しいですね。
アプリ画面は日本語訳されているのも高ポイントです。


その他詳しい使い方や使用例は一部日本語化されていますので公式のサポート情報を確認頂くのが良いかもです。
https://bombich.com/ja/kb/ccc5

バージョン5で追加された機能はこちらから確認できます。これだけでもグッときますね。
https://bombich.com/ja/kb/ccc5/whats-new-in-ccc

気になった方は30日無料お試しがありますので試してみてはいかがでしょう。

といったバックアップ環境でした。いかがでしたでしょうか?
いざと言うときはもちろん、普段も精神的に安心できます^^


自社のホームページで
お困りではありませんか?

ビジネスの成果につなげる
ウェブ制作会社をお探しの方
お気軽にご相談下さい。

御社のホームページ制作に関するご相談はお電話、または
お問い合わせ専用フォームからご連絡下さい。

電話受付時間は平日10:00〜17:00迄

HTMLコーディングや
CMS構築業務の
外注業者をお探しの
システム会社・制作会社様へ

弊社では請負業務として対応をさせていただいております。
ご相談はお問い合わせ専用フォームからご連絡下さい。